意外な事実!低体温と薄毛は繋がっていた

近年、大人も子供も低体温の人がとても増えています。低体温とは文字通り「体温が低い」ことです。体温が下がることで免疫力も下がり、いろいろな病気にかかりやすくなるとも言われています。そして、血行も悪くなるために薄毛になる人も増えているんです。低体温の人はまずはそこから改善していきましょう。

*

AGA治療で病院には行きたくない。ネットで治療薬を入手するのが簡単!

      2016/08/11

AGA(エージーエー)とは、正式名称を「Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック アロペシア)」といい、日本語でいうと「男性型脱毛症」です。もっと分かり易く言うと、髪が前からやてっぺんからどんどん抜け落ちて、薄毛となってしまう状態です。

多くの人が悩む問題で「男性…」という冠名がついていますが、現代病ともいわれ女性でも薄毛に悩む人が増えています。女性の場合はFAGAといい日本語でいうと「女性男性型脱毛症」です。

簡単な努力で改善できるのであれば良いですが、なかなか直ぐには改善されません。病院やクリニックへ通うのも1つの手段です。しかし「病院やクリニックは行きたくない」「恥ずかしい」という方は多いでしょう。

そんな人でも簡単に薄毛を改善できるのが治療薬や育毛剤です。

個人輸入だとリーズナブル

最近ではドラッグストアなどに沢山の薄毛対策用商品が並んでいまが、かなりの確率で改善が見られるのは「ミノキシジル」や「プロペシア」を含んだ薬です。

これらは脱毛を止め、頭皮の血行が良くなり毛根や髪の毛に好影響を与えます。決して安価なものではありませんが、一般人が手が出ない価格ではありません。しかしインターネットで購入するとリーズナブルで入手することができるのです。

インターネットで購入と記しましたが、詳しく説明すると海外の医薬品ですので個人輸入となります。

個人輸入をするのは面倒ですので、代行してくれるサイトを利用するととても簡単です。代行サイトの見た目はネット通販と似ているので難しいことはありません。海外だから危ないとか、海外だから良い、とかいうことは特にありません。海外医薬品の場合は日本の法律と違うので、日本では制限されている商品が購入できたりします。

医薬品でも医師の処方せんは必要ない

名前を出した「ミノキシジル」や「プロペシア」は、即効性はあると考えられていますが、薬となると処方せんが必要なのでは?と思うでしょう。実のところ処方せんは本人が使うことでの購入であれば必要はないのです。必要ないということは病院へ行くことも必要なくなりますので、薬本体の値段だけで良いとなれば更にリーズナブルです。何より余計な時間を必要としなくて済むのも忙しい人にとっては便利です。

しかし、輸入ですので注文してから発送までは少し時間が必要となります。代行サイト内にも記載はあると思いますが、2週間くらいはかかるでしょう。送料なども含まれていたり別途必要だったりと代行サイトによって違いがあるので、購入前にサイト内でしっかり確認はしましょう。